corinsデータ検索を可能にする施工実績データベースコージダス
HOME  >  新着情報一覧  >  コージダスがCORINS入力システムVer6.0に対応しました
 

(記者発表資料)
コージダスがCORINS入力システムVer6.0に対応しました

 

(有)サプテムは、現在提供中の「施工実績をデータベース化するASPサービス『コージダス』」をバージョンアップしました。バージョンアップ前は、CORINS入力システムVer5.0で作成したデータのみコージダスに格納することが可能でしたが、今後は同Ver6.0で作成したデータも格納できるようになります。弊社はCORINS入力システムがバージョンアップした場合に「コージダス」も無償でバージョンアップ対応することをお客様に約束しておりました。今後のバージョンアップにも無償で対応します。

 

「コージダス」は自社の施工実績をデータベース化するシステムで、財団法人日本建設情報総合センター(JACIC)に登録したCORINSデータを重複入力なしで「コージダス」のサーバーに格納することができます。公共事業を受注する企業は「コージダス」を利用することによって、自社の施工実績(=JACICへ登録済みのCORINSデータ)を管理するコスト、ならびに、入札参加時に発注者の提示した条件に合致する施工実績が自社にあるかを検索するコスト、を大幅に削減することができます。また、インターネット上に設置された「コージダス」サーバーにお客様がアクセスして利用するASP方式なので、サーバーの購入や運用管理に係るコストが一切不要です。

 

「コージダス」の検索項目はCORINS上の技術データの全項目を網羅しているため、発注者が提示する複雑な入札参加条件を簡単に検索することができます。例えば、「『関東地方整備局』が発注した『鋼橋上部工』で最大支間長『30m以上』、橋梁形式が『箱桁』の『鉄道橋』」という条件が出ても、一発で検索することが可能です。検索結果の工事一覧には、その工事に従事した技術者も一緒に表示できるので、施工経験を有する技術者の検索も容易です。このような検索は従来、人力で行うか専用の社内データベースを構築する必要がありました。人力で行う場合は多大な労力が必要となりますし、専用データベースを構築する場合でも技術データは全部で137工法にわたるため開発が非常に難しく、受注企業にとってはコスト削減の障害となっておりました。「コージダス」を利用することでこれらのコストが一挙に削減できます。

 

この他にも、検索結果のCSV出力機能、各種一覧作成機能(「工法・型式別施工実績一覧」「工法・型式別従事技術者一覧」「技術者重複登録期間一覧」)、各種PDF管理機能(「工事カルテ受領書」「監理技術者資格者証」「監理技術者講習修了書」)等があり、受注企業の官公庁営業担当者やCORINSデータ管理担当者を強力に支援するシステムとなっております。

 

なお、弊社はJACICとは無関係の民間企業で、JACICが運用・管理するCORINSデータベースとサプテムが運用・管理する「コージダス」サーバーとはリンクしていません。

 

CORINSは各発注機関へ情報提供を行うためにJACICが構築した工事実績情報のデータベースです。CORINS入力システムは、JACICが開発した入力支援ソフトです。

 

「コージダス」に関するお問い合わせはサプテムへお願いします。

 

お問い合わせ先
有限会社サプテム 電話03-5379-1077
ホームページURL http://www.suptem.co.jp/
suptem corins検索コージダス コリンズ登録代行 HOME HOME 製品・サービス 会社概要 お問い合せ・お申し込み サイトマップ